すり減った膝(ひざ)軟骨の再生法

ひざ軟骨の磨耗からくる「変形性ひざ関節症」の膝痛。軟骨とは再生できるのでしょうか?その痛みと疑問を解消する方法をお教えしたいと思います。

サイトトップ > ひざ軟骨の再生

スポンサードリンク

すり減った膝(ひざ)軟骨の再生法

ひざ軟骨の再生


そもそもひざ軟骨は自然再生が難しく、痛めてしまったが最後、痛みと付き合い続けるか、切除するかという2つの選択肢しか無いことが多かったのです。


変形性膝関節症の一般的な手術法としては、●高位脛骨骨きり術(変形の軽い若年者に用います) ●片側人工膝関節弛緩術 (高齢の膝内側の骨の破壊が強い方に用います) ●人工膝関節全置換術(現在高齢者では、主力の治療です。ある程度の年齢で、内側外側 とも破壊程度のひどい方に行ないます) があり、手術すれば膝の痛みはほとんどなくなり、動きも術前よりよくなる患者さんが多いようです。


ただ欠点もあります。手術を行える年齢に制限があること、人により耐用年数が違うことなどです。 ところが、そんなひざ軟骨治療に絶大な 効果をあげそうな治療が、北海道大学で確立されつつあるらしいのです。


同大学の安田教授が発見した治療方法は、ひざに新開発した ゲル素材を注入することで、軟骨の再生を実現しているといいます。既にウサギでは成功し、副作用も見当たっていないようです。


広島大学でも、病院長で整形外科医でもある越智光夫教授が、患者の軟骨組織から採取した軟骨細胞を体外で培養し、軟骨組織を作って、 これを患者に移植する再生医療技術を開発されています。これまで根治療法がなかっただけに、実用化されれば軟骨損傷による 関節症に苦しむ患者に大きな福音をもたらすことでしょう。


すり減った膝(ひざ)軟骨の再生法

MENU



スポンサードリンク